【敵部隊石鹸!(ぉぃ)】 おっさんのガノタ日記<GCB奮戦記>

ティアンムがいつの間にか年下になってしまった世代のガノタ日記。 主にガンダムカードビルダー奮戦記やらまぁ色々です。 敵部隊、、、一番の敵は機動要塞オク・サンかも?(汗

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

藁という戦術(為にならない編)

藁の操作方法について持論を展開していた方がいましたが、それをリスペクトした
上で、あえて違った藁の動きをお話します。

まず、九分九厘、皆さんの参考にならない事を承知した上でお読みください。

コンセプトは

以下に鈍重な機体で、高速機動の部隊に対応するか

です。

あ、もしかしたら役に立つかも?と思った方。

甘いです(笑)

多分、私のデッキ以外、意味がない動きですので(苦笑)




知ってる人は知っていますが、私のデッキはグフ重を主体としたデッキです。

アプ3×1
グフ重×4
です。

アプ3自体強いのですが、メインはあくまでグフ重。
アプはあくまで牽制、カット役、盾の上からのトドメを刺すための機体です。

グフ重のリンクロックによる攻撃が、メインの攻撃となります。

私のグフ重の動きを田藁と思っている方が多いみたいなのですが、私自身は
そう思っていません。

実際、他の方の田藁とは違う動かし方をします。

グフ重を使い始めた当初は、普通の田藁と同じく、4機ずら~と固めて動かしていました。
たまに前後で入れ替える程度。

でも、それだと×6程度しか拾えませんでした。(グフ重一機で×3)

全然、火力が足りない。

盾の無いグフ重は火力インフレの昨今攻撃されれば、即死を意味しました。
実際に、先読みアムロの最終ガン+BR×2の場合は、詰みでしたから。
(どんなに早く押そうと先読みで溶かされる)


なので、×6程度じゃダメなんです。
実弾ですから、2枚盾なら、良くて、盾を割っておしまいですからね。
(なので、アプ3で最初に盾を割りにいってます)

だからこそ×9、×12が欲しい。

それにはグフ重4機で攻撃するしかない。

田藁では実は狙いにくかったです。

するとなると囲むしかない。

これは、確かに狙いやすい。

でも、これにはいくつか弱点があります。

① 操作が複雑になる。
まぁ、慣れればできますが、遅いので、囲む体制をとる前に逃げられます(笑)
② 端が弱い。
グフ重単機では鴨ですから。
③ 攻撃後、逃げられない。
遅いので、反撃を食らったら最後です。
バラバラに動かしていては、危険なんですよね。


ボールさんの言うように、バラバラに動かすことで、俺ターンを狙うことは可能です。

でも、グフ重にとってはそれが実はきついのです。

グフ重の攻撃はほぼ赤一択です。
これは、機体の性質上仕方がありません。
(盾防御してるとわかってる場合は格闘も仕掛けますけどね。当たらないけどwww)

前述の通り、グフ重は盾が持てませんから、いつも、肉を切らせて骨を断つでいかなくては
いけません。

多分に、攻撃を受けれるのは一度程度です。

その中で、各個で攻撃した場合、火力が足りないのです。
盾防御された場合、実弾は、本体にダメージが入りません。

未だに、ビームが入り、実弾が入らない理由が良く分かりません。

その為に、盾だけ割っても、相手が補給に逃げ帰ってしまわれたらまた最初からになって
しまいます。

いくら弾持ちの良いグフ重と言えど、これはきついです。

なので、落とせる時に一気に落とす。

まさに

【見敵必殺】

なのです。

そのためのリンクロックです。



機動性や回頭性が無いグフ重でいかに攻撃を絶やさずに攻撃するか、私なりに考え、
今の戦い方に落ち着きました。

それは、


徹底的に重ねる。

です。


田藁ではありません。


本当に重ねるんです。


グフ重は遅い。

その為に出来る芸当になりました。


やり方は簡単です。


攻撃シーンの後、全機、機動にしておき、通常シーンに戻ると同時に機動ダッシュを
かけるだけです。

かける方向は、

①②
③④

という編成を

④③
②①

にします。

カードをたすきがけにするだけです。


私が、毎回毎回、戦闘中に、カードを回してるのは、これをやっているからです。


グフ重は遅い。

その為に、機動ダッシュしても微々たるもんです(泣

だけど、その為に、攻撃範囲が復活するその瞬間、全機の攻撃レンジが重なります。

×9、×12を出せる理由です。

※ちなみに、他の機体でやると、早すぎて大体は位置が入れ替わってしまいます(笑)


① 攻撃シーンが始まったら、カードをシャッフル(たすきがけ)
⇒ここで、自分なりに攻撃対象の優先度を決定し、そちらに標準を向ける。
② 全機機動にする(機動ボタン長押し)
⇒機動にしそこねたら、それ即ち"死"です。 なので、くどい位長押しします。
③ アプや母艦を変えておきたい場合は、ここで調整
⇒アプは取りこぼし用に配置か、グフ重では間に合わないと判断した時のカットに入る準備。
密かにグフ重を巻き込まないように配置する必要があるが、最悪は巻き込み覚悟でやる。
④ 戦闘終了と同時に機動ボタン連打でダッシュ。
⇒ここで、一緒に相手の動きを見て、即修正をかける。一瞬の遅さが命取り。
⑤ ダッシュかかると同時に赤押し
⇒遅いと全く当たらない格闘で攻撃する羽目になります。
⑥ 相手が正面からずれていたら、カード全体をぶん回す。
⇒本当にぶん回す。 中途半端な回し方では、グフ重では周りがたらない事が多い。
⑦ 目押しに全神経を研ぎ澄まし、目押し勝ち
⇒状況により、リンクロックを待たずに攻撃するか判断。


簡単に書くと、こんな感じです。

実はこれだけでは情報が足りなくて、攻撃に入る直前に、簡易MAPを見るを忘れないように
しています。
見ておいて、敵配置を確認しておかないといけません。
近場の修正は、厳しいですができなくはありませんが、死角からの攻撃に対しては、最初から
予想して準備しておかないとグフ重では間に合いませんから。

その為に、簡易MAP情報は重要です。その為に、キャリオカとジュダックをいれている理由の
一つです。 コストもそうですが、簡易MAP無しでは私のデッキは勝てません。


ボールさんは、藁をバラにして動かすという、藁使いに取って、理想的な操作を目標として
それを実現しています。

だけれども、私の部隊でそれをやるには個々の機体の能力が貧弱です。
もちろん、それをやれるスキルもありません。

その為に、、、それを補うために考えたのが、徹底的に重ねると言う、バラバラの動きとは
正に正反対の操作リンクシステムみたいな動きとなりました。

この操作の利点は、

・リンクロックを狙いやすい。
⇒レンジがかさなるから当たり前ですね。 CPUならアプ、母艦も加えた×13,14も可能。
・全機攻撃しなかった場合、した機体をしなかった機体が攻撃をカバーできる。
⇒これが最大の利点かもしれません。反撃後の危険な点をカバーできますから。
なので、最近は、×9、×3で分けて攻撃することが多いです。
・引き気味にダッシュすることで、意外と回り込みにも対応できる。
⇒車をバックで車庫入れするイメージです。その場で回すよりも、大きく回れます。
バルカンのレンジもあいまって、逃さないことが多いです。
もちろん、読み違えたら全滅です(笑)

もちろん、デメリットもあります。
・引かれるとつらい。
⇒突込みには対処できますが、引かれると追う必要があるわけです。
機動ダッシュをかけれるようにしています。
ロングレンジ系で撃って下がるを繰り返されると手も足も出ません。
・読み違いは全滅。
⇒最初に、攻撃対象を読み違えた場合は、重ねていますから全滅の可能性も高いです。

どのくらいダッシュするとか、ターンするには何秒かかるとか、数値ではまったくわかりません。
でも、さすがに1年以上やってますので、身体に動きがしみこんでいます。
感覚で動かせるデッキですね。
なので、読み違いでやられることは無く、相手の動きが早すぎて太刀打ちできないときとかは
(グフ重だから限界はありますしね)ま、仕方が無いですかね。

でも、その時の為のアプ3なんですけどね。

高機動、高回頭(OPスラなので)、ロングレンジ、高速ロック(空中)、ビーム兵器を
グフ重の無い所を補ってくれています。

まさろさんなどに、指摘されたようにグフ重は一つのMAとして動かしています。
なので、見た目田藁に見えますが、自分的には、一つでしかないのです。

遅い機体でどう生き抜くかを考えた末での私なりの結論です。

もちろん、その戦況によっては、いつも重ねているわけではありません。

機動力がある敵の場合などは、分散(しても2機単位ですね)して、追い込むように
したりと、色々とその場で臨機応変にやっています。

2機単位であれば、つるべをするくらいの技量はあるので、まだ戦える。

単機になっても、最後まで諦めずに遮蔽物などの地形を目一杯利用して逃げ回り。
反撃を試みる。

まぁ、単機になればまず負けますが(笑)

でも、思った以上にいつも粘って粘って粘り抜いてからやられてるつもりです。



同じ操作方法などしている方もいるかもしれません。
もっと、うまく操作している方もいるかもしれません。

色々な人の戦い方を見て聞いて影響を受けています。
でも、この操作や戦い方はまさしく自分で考えだした戦い方だと思っています。

たぶん、、、、ですけどね(苦笑)

同じデッキの方は何人かいるのは知ってますが、さすがに動かし方は違います。




だからこそ、この戦い方は、<K2>流だと自分では思っています。


この戦い方で、前verでなんとか中将までは上がれ、今も、少将には踏みとどまっています。
若干ですが、カスタムも多少入れ替えています。
でも、基本はカスタム以外は79カード(シャルは80か)

さて、どこまで頑張れるかわかりませんが、まだまだ、頑張ります。
目指すは大将!(目指してるだけですからw)



まぁ、こんな藁(もどき?)もいると思ってくださいな。


対戦するときは、この内容は忘れててくださいね!
じゃないと、バレバレなんで負けちゃうYO!www



あ、そうそう、この部隊の操作するに当たっての最大のウィークポイント!










普通のMSの使い方忘れちゃうんですよね~~~~~~




特に、盾防御とかwww

なので、私のデッキはMAが多いのです♪

お粗末さまでした♪



スポンサーサイト
  1. 2007/12/04(火) 21:11:17|
  2. GCB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<週末のGCB | ホーム | 宇宙を考える>>

コメント

最近は藁ってだけで厨って叩かれる寒い時代だと思いませんか?

私は生粋の藁使い。赤だろうが黄色だろうが何であれ藁でずっとやってきました。

藁は数で勝負なのでコスト的な問題からおのずと弱い機体やパイロットの集まりになる傾向があります。

ま、ま○ろさんのように全機違う機体の藁を操るスキルが変態の方もいらっしゃいますが割愛(笑

基本、弱い機体はガーベラや素アレやGP系とは1機討ちでやりあうのは難しい。

パイロットの差も勝敗には大きく影響を受ける部分です。

が、スキルがなければ藁は出来ないと言うのが私の持論であります。

K2さんの藁は非常に理に適った戦術であるのは対戦して理解できますし、非常に勉強になりました。

私の藁も機動回頭が遅い機体の集まりであるので戦術を如何に自分ペースに持って行くかが勝負の分かれ道ですので、戦闘中も色々とトラップを仕掛けながらの戦いを余儀なくされます。

相手の逃げ道を塞ぐ、相手が逃げてきそうな所に相手の嫌がる色で置いておく、時にはロック切りを入れながらの裏取り防止等やる事はいっぱいあるのが藁。

私はやっていて一番楽しい戦術です。

これからも藁藁でやり続ける事は間違いないので勉強させて頂きます。

長文すんずれーしました。
  1. 2007/12/05(水) 23:10:22 |
  2. URL |
  3. みける #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます。
エース機で戦場を駆け巡るのも楽しいと思いますが、
集団戦法(能力のじゃないよ)で、戦場を制圧するのも
楽しいです。

単機では弱い機体も戦い方しだいでどうにかなるのが
面白いです。

その為にどうしても局地的な戦いを強いられてしまいますが
自分のペースにはめれば、これほど面白いのも
ないなと藁デッキは思います。

藁がダメって言うよりは、能力で、全機が効果を受けると
単機よりも強力だからなんでしょうねぇ。

これからも、がんばりましょう~

海でまたもんでもらいたいです。
  1. 2007/12/06(木) 01:15:14 |
  2. URL |
  3. <K2> #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://k2kazu1969.blog72.fc2.com/tb.php/228-ad6663f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

<K2>

Author:<K2>
年齢が既ににランバラル越えしてしまったおっさんビルダーのガノタ日記です。
年甲斐も無くGCBにはまり若い衆に混じりゲーセン通いをしている2児の父親でもあります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。